有料WordPressテーマの「Diver

当ブログでも実際に使っているWordPressテンプレートですが、
この「Diver」の凄いところの一つにバージョンアップの頻度があります。

スポンサーリンク

どのくらいバージョンアップが行われているのか?

私自身、2017年8月の時点では「Diver」を購入して
まだ1ヶ月も経っていません。

ですが既にもう3度のバージョンアップが行われています。

実際に公式デモサイトで「更新情報」を見てみると…。
最低でも月1回、多くて月9回のバージョンアップが実施されています。

某SEO最強のテンプレートは数年に1度のバージョンアップがありますが、
比べるとかなりの頻度でアップデートがあるのが分かりますよね。

 

さらに「Diver」公式サイトのQ&Aのところにもありますが…。

アップデートが多いのは日々変化するSEOに対応する意味もあり、
使っているユーザーさんにとって便利だな!
と思う機能は積極的に追加やバージョンアップをかけます!

と書かれています。

元々多機能でかなり便利に作られている「Diver」ですが
さらに便利になることはとても嬉しいですからね!(^ ^)

 

アップデートの内容は不具合修正や
機能のバージョンアップなど様々ですが…。

ちょっと不便だったりかゆいところに手が届かなった部分を、
使いやすくかつ分かりやすく、
そして便利になるバージョンアップが行われています。

これは「Diver」の製作者である高木さんの
細やかな気配りやこだわりを感じますね!

バージョンアップが多いデメリット

逆にバージョンアップが多いデメリット、それは…。

「Diver」本体のphpをカスタマイズしていると
バージョンアップするたびに初期化されていまいます。

子テーマの方は、ほぼ影響ないので
CSSのカスタマイズは問題無いのですが…。

 

よりこだわりを持ってカスタマイズしているWordPress上級者さんには
バージョンアップがあるたびに少し面倒に感じるかもしれませんね。

といってもphpをいじらない怖くていじれない!
という方にはそれほど大きなデメリットになりませんねw

 

日々進化し続け便利な機能盛りだくさん!
「Diver」の詳細は公式サイトへ!

wordpressテーマ「Diver」公式サイト

スポンサーリンク
おすすめの記事