このページではWordPressを始めるために必要な物…。

  1. ドメイン 
  2. サーバー
  3. WordPress
  4. ブログテーマ

…この4つのうちの一番最初「ドメイン」の取得、のステップについて解説します。

ドメインというのを簡単に説明すると、ブログ・サイトのアドレス、URLのことになります。
アドレスという言葉には住所・宛先という意味があります。

文字通りドメインとはネット上でのブログ・サイトの住所のことを指します。
ドメイン(住所)があることで、ブログ(目的地)にたどり着くことができるのです!

当然ながらブログ・サイトを運営する上でドメインは必要不可欠です。

 

「なんだか難しそう…設定とか」と思うかもしれませんが、
ポイントさえ押さえてしまえばそれほど難しいモノではないし、
一度取得方法を覚えちゃえば何も恐れる必要はありません!

では実際に「ムームードメイン」でドメインを取得・購入してみましょう。

このページでの例は「ムームードメイン」が基本になっていますが、
大雑把な流れは他のドメイン登録サービスでも同じなので参考にはなると思います!

スポンサーリンク

ムームードメインに会員登録

まずはムームードメインに会員登録をしましょう。

実際にドメインを購入するまで一切料金はかからないので、
「会員登録費用は…」などと気にせずパパっと登録しちゃいましょう!

「ログイン」のところから新規会員登録ができます。
登録に必要なのはメールアドレスだけです。

ドメイン登録のお知らせや料金の明細が送られてくるので
普段よく使っているメールアドレスにしましょう。

スマホのメールアドレスだけでなく、Yahoo!メールやGmailといった
フリーのメールアドレスでも全然OKです。

登録したメールアドレスに送られてきた手順に従って登録を済ませてください。
この辺りは本当に手順に従うだけでOKなので詳しい解説は割愛しますね!

欲しいドメインを検索する

登録が完了し、ムームードメインにログインできるようになったら…。
ムームードメインのトップページから自分の欲しいドメインを検索してみましょう!

ドメインは基本的にa~zのアルファベット、数字、
-(ハイフン)記号、そして日本語が使用可能です。

※ただし日本語のドメインは英数字のドメインよりも値段が高くなる可能性があります。

また、既に誰かが取得しているドメインの取得は不可能です。

※価格は画像を撮った時点のものです。

例えば当ブログのドメインは「diver-review.com」というドメイン名で運営しています。
これは既に私が取得しているドメインなので私以外の人が使うことはできません。

ただ、ドメインの末尾の部分(.com)の部分が違っていれば取得できます。
例えばですが「diver-review.info」「diver-review.net」といった感じですね。※もし誰も取得していなかったらの話

自分が欲しいな~と思っていたドメインが空いていなかったら「.com」の部分を変えてみるのも手です。

ドメイン名の考え方

ドメインはサイト・ブログそのものを表す意味合いもあるので、
適当ではなくすっごーく真面目に考える必要があります。

もし、すでにブログ名が決まっているならそのブログ名に合わせて取得するのが一番です。

まだ特にブログ名が明確に決まっていない、という場合はそのブログの属性だったり、
関連する言葉の組み合わせだったり、または自分のペンネームで取得するのもありです。

ただし、あまり長すぎるとかえって見苦しく見える事もあるので、
ほどほどの長さで、かつシンプルなものが良いでしょう。

まぁ、このほどほどの長さでシンプルに、というのが一番難しいのですが…w

あとはドメイン名を声に出して読んでみて、語感が良いか、
スラッと読みやすいかといった点も考慮しましょう。

例えば友人や家族に「私自分のブログの作ったの!○○○.comっていうの!」と紹介するとき…。
あまりにも長いドメイン名だと他の人に「そんなの覚えられないよ!」となるのがオチですw

とにかく、ドメインは後から気軽に変えられないものなので
「このドメインにしなきゃよかった!」と後悔しないドメイン名にしてください。

やはりドメインは「.com」がいいの?
ドメインの末尾(.com)の部分は、正確には第1レベルドメインと呼ばれる部分です。

有名なのはやはり「○○○.com」ですよね!
他にも様々な第1レベルドメインがあり、それぞれ用途やお値段が違います。

そう、お値段が違うんです!一番の違いはそこだと思います。

とは言え個人で運営するブログなら自分の好きな第1レベルドメインで良いです。

情報系のブログなら「.info」も最適ですし、ニュース系のブログならば「.news」
というようにブログの属性にあったドメインもあります。

赤色が好きならば「.red」もあります、ワンちゃん好きなら「.dog」というドメインもあります。

もちろん安いからという理由で「.xyz」を選んでも全然OKです。個人的にはあまり好きじゃないけどw
私は純粋にどんなブログでも合う、汎用性が高い、ドットコムという響きが
なんとなく好きだからという理由で「.com」を好んで使っていますw

欲しいドメインをカートに入れ、ドメイン設定を確認し購入

「コレだ!」と思うドメイン名が見つかったらカートに入れ、早速購入しましょう。

購入画面に進むと色々わ~!っと設定画面が出てきて焦ると思いますが、
チェックするポイントは少ないので落ち着いて、確実に確認しましょう。

WHOIS公開情報、ネームサーバ(DNS)の設定

 

WHOIS公開情報とは、いわば「このドメインが誰が管理しています!」という証明情報の事です。

ドメイン購入者である「個人」の情報を公開するか、
またはドメインを購入した「ドメイン登録サービス」の情報を公開するかを選べます。

「個人」を選ぶとマジでネットにご自分の個人情報が垂れ流しになるので…w
基本的には「ドメイン登録サービス」の情報を「代理公開する」の方でOKです。

そして、ネームサーバー(DNS)の設定。

ネームサーバー設定は、自分のサーバーにドメインを登録するときに設定が必要になります。
「このドメインはうちのサーバーで管理してますよ~」という情報をドメイン側で設定するのです。

既にサーバーを借りているという人は一覧からご自分のサーバーを選択してください。
「まだサーバー借りてない、よく分からない」という人は「今はまだ使用しない」でOKです。

ネームサーバーの設定はサーバーの記事で後ほど詳しく説明します。 

お支払い

お支払いの部分でドメインの契約年数と決済方法を選びましょう。これも好みで全然OKです。

支払い方法は、クレジットカード決済、おさいぽ!決済、
銀行振込、コンビニ決済の4種類から選べます。

一番メジャーなのはクレジットカード、コンビニですね。

 

WHOIS公開情報ネームサーバ(DNS)お支払い
この3つの情報をよく確認したら他の情報は流し読み程度で大丈夫です。

他の情報は「ドメインと一緒にこちらのサービスはいかがですか?」
というものばかりなので、必要なければガン無視でOKです!

内容を確認し、取得する!

最後にもう一度内容を確認し、問題がなかったら
利用規約の部分にチェックを入れて取得をしましょう。

しばらく画面が読み込み中になりますが、取得完了
という画面が出るまで画面を閉じないようにしてください!

管理人
時間帯によっては完了まで時間かかる時がありますが、焦らず落ち着いて待ちましょう。

 

完了画面を確認したらドメインの取得が完了です!
おめでとうございます!お疲れ様でした。

ここまでで必要な物『1:ドメイン』をゲットできました。

ドメインは取得しただけではまだ使うことができないので、
今度は必要な物『2:サーバー』を用意しましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事